雪花伽

たぬきと添い寝したい。

美術史の話6.5:印象派のひとびと〜モネ編

クロード・モネ

 ルノワールがポジティブだとしたら、こちらはネガティブボーイ。自殺をしようとしてセーヌ川に飛び込んだけど、無傷だったからどうでもよくなった話とかある。

 ルノワールとは画塾時代からの親友で、よく比較される。風景画家と言われるが、若い頃は似顔絵でお小遣いを稼いでいて、それがまた上手い。

 あとクズ。金遣いが荒いのとよくお金を借りていたわりに金にがめつい。

 美食家で有名。

 

カミーユ

 モネの妻。

 金髪の《ラ・ジャポネーズ》で有名だけど、本人は黒髪。

 モネは人物をあまり描かなかったが、カミーユだけは描く。(でもルノワールは描かない。)

 

アリス

 モネの後妻。

 パトロンだったオシュデの妻だったが、経済難で彼がモネの家に転がり込んだ上、妻子を置いて逃げたとか色々あって結婚。

 

ウジェーヌ・ブーダン

 モネの師匠。

 青空の画家と言われる。

 

お疲れ様です。