雪花伽

たぬきと添い寝したい。

台湾旅行記

台湾の街並みは建物が絶妙にボロくて、 あといつもなんとなく空がどんより曇っている感じがグッときました ・日星鑄字行 台湾唯一の活字やさんです ひらがなもあるよ ・天燈飛ばし 願い事を書いた天燈を飛ばすと、天に近いから叶うのだそうです 墨汁と筆で書…

台湾故宮博物院

2017.11.19 @故宮博物院 ・白菜と角煮の根付 故宮博物院の目玉である白菜と角煮の根付と、青銅の鼎を合わせて「鍋セット」と呼ぶそうです 白菜は分かりますが、どうして石で角煮を作ろうと思ったのか 興味深いです ・台湾の素敵な文字 台湾ビールのグラス …

レアンドロ・エルリッヒ展〜見えているものは正しいのか

2017.11.25 レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル @森美術館 周りの人に、レアンドロ・エルリッヒと言ってもピンとこないようですが、 金沢21世紀美術館の『スイミング・プール』の人だよ、というと 「ああ、あの人ね!」となることが多いです 『ス…

フランス人間国宝展 メートル・ダール

2017.11.25 ・フランス人間国宝展 @東京国立博物館 表慶館 工芸展というか、インスタレーションみたいでした 展示室というよりハイブランドのショールームなんじゃないかなと思うほどのオシャレ空間 暗闇の中、無数の天目茶碗を小さなスポットライトで一つ…

バベルの塔展〜ボスを超えて

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルランドの至宝-ボスを超えて- 2017.9.24 @国立国際美術館 美術展は一編の物語である。 という言葉が思い浮かびました。 ブリューゲルといえば、ネーデルランドの世俗を描いた農民画家のイメ…

バンドルフォントで小説を組んでみる

本を作るならフォントにもこだわりたいけど、どれを使おうか。 (というかどれも一緒に見える……。) 文字一つ一つを見るとどれも一緒に見えますが、文章になると結構印象が違って見えます。 拙作「まやかしの月」をOSにあらかじめ搭載されているバンドルフォ…

アジア回廊

2017.8.26 東アジア文化都市2017 アジア回廊@二条城/京都芸術センター 初めて芸術祭に行きました。 二条城と京都芸術センター(元明倫小学校)を舞台に、アジアの芸術を紹介しています。 《涅槃》チェ・ジョンファ 巨大な大根のオブジェです。 この作品には…

怖い絵展〜どうして。

2017.8.15 怖い絵展@兵庫県立美術館 一言でまとめると、 ひどい時代だ。 中野京子さんの『怖い絵』シリーズを元に企画された展覧会です。 もう10年経つんですね……。 『怖い絵』シリーズはグロとかスプラッタなど直接的な怖い絵というよりは、 普通の絵だけ…

死なない命

2017.8.12 コレクション展2 死なない命 日々の生活-気づきのしるし Everyday Life - Signs of Awareness ヨーガンレール 文明の終わり Jurgen Lehl The End of Civilization @金沢21世紀美術館 ・死なない命 遺伝子工学や人工知能の発展によって、生命=死…

絵の解説(まやつき下)

まやつきは完結いたしましたが、もうしばらくお付き合いください。 意図したわけではないですが、上は近代以前の作品が多めなのに対し、 下は現代芸術が多めになっています。 まだ著作権が切れていないので写真はありませんが、ご了承ください。 ネタバレ注…

まやかしの月 あとがき

あとがき、って一体何なんでしょうね。 よく考えると映画や漫画なんかはあとがきがないわけで、作品が全て。 「そこに全てを書いてきた。探せ!」みたいな感じで、それがある文学は特異ですよね。 ちなみにあとがきを読むのは好きです。先に読む派です。 本…

まやかしの月 下Ep

10-5.The Fool:愚者

まやかしの月 下6-4

10-4.A Screaming Pope:叫ぶ教皇

まやかしの月 下6-3

10-3.Paper Moon:紙の月

まやかしの月 下6-2

10-2.Will-o'-the-wisp:ウィルオウィスプ

まやかしの月 下6-1

10-1.L'Apparition:出現

まやかしの月 下5-4

9-4.Swampman:沼男

まやかしの月 下5-3

9-3.A Berserker:狂戦士

ジェントルインク四季彩 海松藍(+ラミー ブルー)

セーラー万年筆から出ている、ジェントルインク四季彩 海松藍のレビューです。 50mlで859円。 四季彩シリーズは彩度が低めで和な感じが出ているし、目に優しいので、初めて買うインクはここにしようと決めていました。 コンバーターをつけます。 カードリッ…

まやかしの月 下5-2

9-2.After School without You:君のいない放課後

篠山紀信 写真展〜不気味の谷を超えて

2017.5.14 篠山紀信写真展 LOVE DOLL×KISHIN SHINOYAMA@アツコバルー 2017.5.20 オリエント工業40周年記念『今と昔の愛人形』展@アツコバルー 前半は写真家・篠山紀信がラブドールを撮影した写真展。 最近の人形は精巧にできていて、人と見紛うような見た目…

まやかしの月 下5-1

9-1.Play on Words:言葉遊び

ライアン・ガンダー展〜この翼は飛ぶためのものではない

2017.5.5 ライアン・ガンダー展@国立国際美術館 イギリスの現代芸術家、ライアン・ガンダー展の日本初の展覧会。 コンセプチュアル・アートの旗手だそうです。 それにしても、国立国際美術館は建築がいいですよね。 翼を思わせる鉄パイプとガラスのファサー…

まやかしの月 下4-7

8-7.Stratospheric Blue:成層圏の青

まやかしの月 下4-6

8-6.The Green-eyed Monster:緑の目の怪物

印刷博物館〜印刷書体のできるまで

2017.4.25 印刷書体のできるまで@印刷博物館 私たちが普段パソコンで使っているフォントって、実は誰かが作ったものなんです。 というわけで、凸版文久体というフォントができるまでの展覧会。 著名な書体デザイナーである鳥海修氏や、グラフィックデザイナ…

まやかしの月 下4-5

8-5.The Boy Who Cried Wolf:狼少年

まやかしの月 下4-4

8-4.Room of Parents:良心の部屋

大英自然史博物館展

2017.4.23 大英自然史博物館展@国立科学博物館/国立西洋美術館/国立東京博物館 上野の美術館・博物館巡りです。 写真撮影可だったので、写真に語ってもらいます。 ガラスケースのハチドリです。 モルフォ蝶の標本です。 実物は綺麗です。 次に国立西洋美術…

選ばれたのはエラボーでした。

アルスターを1ヶ月ほど使ってみて、筆圧をかけずにインクフローで書く楽しさが分かってきました。 書くために書いているような。 漢字練習に使っているのですが、漢字頭に入ってるのかな? でも書くの楽しいな、という気持ちです。 ただアルスターは漢字を…